スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリが美しく見られる映画

アンジェラ C階段 パリ空港の人々 パリ・ジュテーム アメリ ポンヌフの恋人たち

 私の人生に、はじめて「Paris」という名前が登場したのは、小学校1年生のときでした。赤ちゃんのときからずっとかわいがってくれていた叔父が、エールフランスに就職してパリに飛んだのです。ある日、わが家のポストにエッフェル塔の絵葉書が届きました。なつかしいおじちゃんの字。

「おじちゃんはいま、おフランスにきています。シャンゼリゼーという通りにカフェ・フーケツというお店があります。そこにすわって、がいせんもんを見ながらこのてがみをかいているよ」。


 私が、はじめてパリに触れたあの日。昭和42年。まだまだ海外旅行は庶民にとって夢のまた夢でした。
 おじちゃんは、結局2年でエールフランスをやめて、日本の出版社に転職してしまいました。だから、私の手元に残ったのは、そのエッフェル塔の絵葉書が一枚と、はじめての渡仏のときに買ってきれくれたおみやげの、水彩絵の具だけ。

 でも、その水彩絵の具を私は今も手に取るように思い出せるのです。日本では見たこともない、やわらかく夢見がちな水色のホーロー製のパレット。丸みを帯びたパレットをパチンと開くと、片側は真っ白なパレット、もう片側には、日本の基本色とは微妙に違う18色の水彩絵の具と、真っ赤な柄のついた筆が納まっていました。私にとってのパリは、そんな18色の水彩絵の具から始まりました。「シャンゼリゼーのカフェ・フーケツで、いつかがいせんもんを見ながらコーヒーを飲もう」。7歳の私が抱いた、パリの夢。

 最初に出会った街の印象が強烈だったからなのか、それとも、江原啓之さん流に言えば「前世にパリに住んでいた」からなのか(笑)。パリは、その後の私にとってなくてはならない存在になりました。生まれてはじめて一人でいった海外旅行もパリ。新婚旅行でも寄ったし、ともだちとも、恋人とも、子ども幾度となく訪れました。ヨーロッパもアジアも南の島も、旅行好きの私は結構訪れたと思います。でも、やっぱり最後に戻ってくるのは、パリ。ここ数年は、ほぼ毎年パリに寄っているといってもいいぐらいです。いつでも、行きたいです。訪れるたびに、新しい発見があります。いつか、住んでみたいと真剣に考えています。フランスかぶれといわれたっていいんだもんね。だって、私はパリが大好きなんだもん!

 そんな私が選んだ、パリの街が美しく見れる映画。パリを舞台にした映画は数多いですが、私がお気に入りのパリの風景があるのは、こんな映画たちです。

アンジェラ スペシャル・エディション アンジェラ スペシャル・エディション
ジャメル・ドゥブーズ (2006/10/20)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る
 「グランブルー」でブレイクしたリュック・ベンソンは、その後「TAXI」などで娯楽路線を走っていましたが、新作「アンジェラ」では大人の寓話をモノクロの画面で美しく描きました。

 これは、さえない男アンドレと、天から降ってきた天使アンジェラの不思議な恋物語。セーヌ川、エッフェル塔、ノートルダム寺院とシテ島の古本市。中心部を貫く金箔に彩られたアレクサンドル3世橋に、国立美術学校に続くポン・デザール。一番美しい「観光地パリ」のダイジェスト。モノクロですが、色がない分、ため息ものに美しいパリの風景が堪能できます。おとぎ話なのだから、市井の裏道には入っていきません。あくまで王道のパリ。観光地パリの風景をこれほど美しく描いた映画は、ほかにないかも、と思います(ほめすぎか>笑)。風景を見るだけでもいいから、また見たい映画。

C階段 C階段
ロバン・ルヌッチ、ジャン・シャルル・タケラ 他 (2000/08/19)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

 私にとっての「This is Paris!」を1本選べ、といわれたら、迷わずこの映画。

 主人公は新進気鋭の美術評論家。彼の住むアパルトマンの中央にあるC階段をめぐる、住民たちの群像劇です。ここにあるのは、市井のパリ。そして、芸術と文学と、恋とデカダンのパリ。プレイボーイの主人公が女性を誘う手管が、This is Paris! カフェで繰り広げられる会話が、This is Paris! シニカルで個人主義で、退廃的。そんなフランス人の彼が、C階段をめぐる人々との交流の中で、変化をしはじめます。

 印象派の絵などクズ同然とはいて捨てていた美術評論家の彼は、最後に一枚の絵の前で涙が止まらなくなります。何の絵だと思います? テュイルリー公園にあるオランジュリー美術館の1Fにあったルノワールの「じょうろを持つ少女」。こんなものは絵ではない、と切り捨てていたルノワールの絵の中に、彼は何をみつけたのでしょうか。詳しくはぜひ映画で! これは、ほんと大好きな映画の1本です。

パリ空港の人々 パリ空港の人々
ジャン・ロシュフォール、フィリップ・リオレ 他 (2003/12/20)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る

 ちょっと前にトム・ハンクス主演で、スピルバーグが作った「ターミナル」。作られたのは「パリ空港の人々」の方が先で、おそらくこれにインスパイアされた「ターミナル」製作だと思うのですが、元をたどると実話のエピソードがあるのだそうです。とにかく、私は、絶対にこちら「パリ空港の人々」のほうが好き!

 舞台は、シャルル・ド・ゴール空港。手違いで空港を出られなくなってしまったジャン・ロシュフォール。大改装前のCDG空港の風情が、なつかしく見られます。この空港に住む、住所も国籍もない人々とロシュフォールの数日間を描いたこの映画。
 秀逸なのは、パリに着いたにもかかわらず、一度も外に出られないまま空港で暮らし続けている少年のために、ロシュフォールが地下室のテーブルの上に造ったパリの街。

「ほら、ここにあるのが凱旋門だ。まっすぐ歩いていくと、パリの中心にはセーヌ川が流れている」。

 ロシュフォールがテーブルの上におもちゃのエッフェル塔、コーヒーカップ、消しゴムでパリの街を作ると、とたんに地下室の中に華やかなパリが出現しはじめる。人って、想像力でここまで美しいものが見れるんだな、と思います。テーブルの上の小さなパリ。私が小学生のときに夢見たパリが、そこにありました。

 この後、彼らは本当に空港を抜け出して夜のパリに飛び出します。セーヌ川のバトームーシュ、ポンヌフのイルミネーション、そしてエッフェル塔。誰もが、生まれて初めてパリを見る少年のまなざしで、美しいパリを堪能できるはず。このパリの風景も、最高に美しい1本だと思います。

パリ・ジュテーム(公式サイトはこちら)
main_02.jpg


これはまだDVD化されていない1本。パリには、エスカルゴ状に18の区があって、この18区は、それぞれ強烈な個性があります。この18区ごとに、一人づつ監督がついて、5分のショートストーリーを撮ったオムニバス映画。4区、アーティストが多く住むマレ地区では、ガス・ヴァンサントがメガホンと取ったゲイのガスパールのショートストーリー。9区の歓楽街ピガール広場では、倦怠期を迎えた妻ファニー・アルダンが刺激を求めてバーのカウンターに座ります。もちろん東京も、23区の特徴はあります。でも、練馬区の1本、北区の1本、杉並区の1本なんて、23個見せるだけの懐があるかというと、ちょい疑問。1~18区の風景だけでこれだけのストーリーがあることにも驚きますが、その呼びかけに世界からこれだけの監督が集まったことにも素直に感動。ここにあるパリは、素顔のパリです。だーいすき!
この映画のイントロダクションにあるコピーが、私にとってのパリそのものかもしれません。



いろいろある人生だけれど、私たちには、パリがある。

パリ、ジュテーム(パリ、愛してる)。


ほかにも、「アメリ」「ポンヌフの恋人」など、パリが素敵な映画がいっぱい! パリにいけないときは、そんな映画を見てうっとりする私なのでした。
ああ、また行きたいなあ。次はいつ行きましょうか。
スポンサーサイト

コメント

武蔵野婦人さんもパリ好きでしたか

こっちでは初の書き込みです。
武蔵野婦人さんもパリ好きでしたか。mixiのnekoさんの日記のコメントにも書いたのですが、ボクも回数こそ少ないですが、滞在日数は通算二ヶ月ほどになるパリ好きです。大学ではフランス文学を専攻していた関係で大学三年の時に待望のパリ訪問を果たしたのですが、最初に入ったパリが北駅だったりしたため、当初は憧れの強さと反比例して失望のようなものを感じてしまいました。
でもこの時に一ヶ月パリで生活(?)し、毎日東京での学生生活同様あちこちぶらぶらしているうちにパリが大好きになりました。学生の街サン・ミッシェル(ここらにたくさんあるアラブ料理店のクスクスの美味しいこと!)、少なくとも二十年前はまだユダヤ人街の様相を色濃く残していたベルヴィル(今では再開発が完了しちゃったんだろうな)、最初に訪れたときにはまだ市場跡が残っていたレ・アール(フォーロム・デ・アールの本屋では卒論関係の本を買いあさったものです)、切なくも苦い想い出を密かに残しているサン・ドニ(「これが私の仕事よ」と明るく語った小柄な彼女はいまいずこに)。1区だとか、エトワール、シャン・ゼリゼ、デ・ファンスなどももちろん嫌いではないのですが、真っ先に思い浮かぶのは場末の、猥雑なパリばかりです。

息子や父親を引き連れ観光ガイドさながらにパリを最後に訪れてからもう10年近くなってしまいますが、今のパリはどんな様子になっているのでしょうか?

武蔵野婦人の映画評を、いつも楽しく読ませてもらっています。
で、今回の「パリが美しく見られる映画」は
いつにも増して、わくわくしながら読ませてもらいました!
武蔵野婦人さんの、パリへの思い入れがたっぷり入っている。
読んでるこちらも、どうしようもなくパリに行きたくなりました。
僕はポンヌフの恋人が、パリ映画のなかで最高に好きなのですが、
そのタイトルもあった!
いいですねぇ、パリ。
行きたいですねぇ、パリ。
これほどに「好き!」がにじみでるレビューは、
その感動が読む人に伝染する。

これからも素敵なレビューを書いてください!

>paroleさん

お返事遅くなりました! コメントありがとうございます。
そうですねえ、この10年でパリは変わりましたよ。東京や上海に比べたら、何も変わっていないと思えるぐらい、外観は変わっていませんが、メンタリティは確実に変化していますね。EUから加速度的に変化して、特にここ2年ぐらいは急激に変化していると思います。オペラ通り近辺に林立する日本食屋、すし屋、ラーメン屋。スターバックスとファミレスHIPPOの台頭。何より町中の人が英語を話します。で、私は今のそんなパリも嫌いではありません。願わくば、全面禁煙だのアルコール規制の波はゆるやかに、、、、とは思いますが。変わっていくパリもまた魅力的です。

>ロドリゲスさん

いつも読んでくださってありがとうございます! うれしいなあ。私もロドリゲスさんの写真館はいつもお邪魔しています。
「好き」という原動力の持つ力は偉大だなあ、と思います。昔むかし、会社員でメセナの企画をしていたとき、煮詰まってもうだめだと思い、会社をやめようと上司に相談したときに「会社のために企画していないか? 自分が一番好きだと思うことを企画してみろ」と言われて、目からうろこだったことを思い出します。「好きだ」という思いは人を動かし、人を集め、しあわせな時間を生むことを知りました。
パリが大好き! って思いがロドリゲスさんに伝染して、ロドリゲスさんのパリが大好き! って思いがまためぐって私に戻ってきて、そんな円環からしあわせな時間が生まれるといいなあ、と思います。
コメントありがとうございましたー!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

ネット通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。