スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大好き」が作る世界の力

週刊文春に近田春男さんが長いこと音楽のコラムを連載してます。
ここで、前に「いい音楽ができる前提には、グループの人間関係がよくて仲がいいってことは、とても大きな要素だと思う」とみたいなくだりがあり(クロマニヨンズのCD紹介の回だったと思います)。

へー、そういうものかあ。でも言われてみるとそうだなあ。やっぱりメンバー同士がいいコミュニケーションができていて、なんとなくいい波動をかもしだしている場所には、継続的に長くいい感じのものが生まれていくように思います。仲が悪いとうわさのグループでも、突発的な瞬発力は生まれると思うのね。でも、やっぱり大切なのは「作り手がその世界をみんな“大好き!”って思っていられる」とか「やってることが楽しくて仕方ない! って空気感に満ちている」ってことなのかも、と。楽しい、大好き、面白い! と思える力ってすごく大きい。だから、そういう力が集まる場所には、やっぱりいいものが生まれる。そんな気がします。


 というわけで、今回の映画は「きっとスタッフの関係がとってもいいよね」「すごく楽しく撮った映画だよね」と思った映画を2本>笑。この2本は私の映画ライフの中でも、特別「お気に入り」の部類の入る作品です。監督はテリー・ツワイゴフ。かなりアクの強い映画ですが、こういうはっきりしたカラーのある映画が、私は大好き!

ゴーストワールド【廉価2500円版】ゴーストワールド【廉価2500円版】
(2007/03/02)
ソーラ・バーチ、スカーレット・ヨハンソン 他

商品詳細を見る


 全米の若者の間でカリスマ的人気を誇るダニエル・クロウズの新感覚コミックの映画化です。「アメリカン・ビューティー」で危うげな少女を演じたのソーラ・バーチと、ソフィア・コッポラ監督の「ロスト・イン・トランスレーション」で不機嫌そのものの女子を演じたのち、最近ではブライアン・デ・パルマの「ブラックダリア」やウディ・アレンの「マッチポイント」などでクラシックな美貌のヒロインを演じるようになった、スカーレット・ヨハンソンの2人が主人公。

 ハリウッドの青春映画なんかでは、若いもんがみんな表情豊かで大げさな美男美女が登場するけど。でもさ、実際のティーンエイジャーって、この2人の主人公みたいに無表情ですねてて、素直じゃなくてひねくれたくだらないことばっかりやってるものなんじゃないのかなー。大げさな反抗も事件も起こさず、ただただ日常と不機嫌に格闘する子たち。そんな意味で、この主人公たちの2通りの思春期のもてあまし方に、とてもリアルを感じた映画。

 冴えない中年男を演じるスティーブ・ブシェミが最高の存在感をかもしだしています。「パリ・ジュテーム」でもコーエン兄弟の作品で強烈なインパクトを残しているブシェミですが、この映画も、彼がいなければ成立しなかった映画。

 ファッション、音楽、全体に漂うこの空気感。そして配役の妙。最後の顛末が意味深ですが、見る側の精神的状態によって解釈も変わる、というこういう終わりかたも、私は嫌いではありません。

アートスクール・コンフィデンシャルアートスクール・コンフィデンシャル
(2007/04/18)
マックス・ミンゲラ、ソフィア・マイルズ 他

商品詳細を見る


 こちらもテリー・ツワイゴフ監督。ダニエル・クロウズ原作コミックを映画化したものです。
アメリカのアートスクールを舞台に、ピカソのような世界的アーティストを夢見てアートスクールに入学した青年ジェロームが巻き込まれる奇妙な事件を描いた作品。

 すべてがブラック。直球ど真ん中のギャグはありませんが、どれも気づけば、口の端がゆるんでニンマリ。そのあとに、心の奥底からおかしさが湧き出してくるような、そんなシーンが満載のブラックコメディです。
 長いこといろんな映画を見ているけれど、私は「ほんとのほんとに、こういうシニカルな視点の映画が大好きだわああ」と、見終わったあと妙な満足感に浸りきった映画。


 さて、この2作。見終わってから、DVDについている特典映像を見ていて、この不思議な世界が作られてきたルーツが少しわかったような気がしました。

 監督であるテリー・ツワイゴフ。顔は、なんだかチャップリンみたいです。映画の神様、チャップリン。目はちょっとニコラス・ケイジに似ています。気難しそうでやさしくて、ちょっと頑固でシニカル。そんな風貌。この監督を取り巻くスタッフは、前者「ゴーストワールド」とこの「アートスクールコンフィデンシャル」では、ほぼ同じなのです。超低予算というあたりも共通。

 インタビューや、撮影風景を見ていると、この現場の雰囲気が伝わってきます。好きで好きでたまらない世界を、仲間で楽しく撮ったという感じ。なんというか、画面から「楽しいねえ」という雰囲気が伝わってくる。いいなあ、こういう現場。


 映画って、それはそれはたくさんの人たちで作り上げる世界です。どんなに監督が立派でも、現場のスタッフたちとうまくやっていけなければ、映画はほころんでしまう。
 このテリー・ツワイゴフ監督を取り巻く現場の作り手たちの根っこは、目指している場所や、思いのありかが揺るいでいない気がします。頼まれて仕事をパーツで引き受けているだけ、って雰囲気がなくて、みんなツワイゴフのまわりで楽しんでいる感じ。だから、さまざまな風景の断片で世界を構築するという、かなり難しい世界観が、最後まで無理やほころびがなくちゃんとエンディングに収まっていく。とっても上手。

 スタッフの一人が監督を評して、「彼はとっても素敵。すごくシニカルなんだけど、でもどこかでたまらなく無邪気なの」と評しています。そう話しているスタッフ本人が、いとおしそうな、楽しそうな表情をしている。無邪気なシニカルさを楽しめる人たちが集まって、こういう人間関係を結べる場所で仕事ができるって、うらやましいなあと思います。作品の出来を、こういう場所が左右することもあるんじゃないか、なんて思ってみたりもします。



 もうだいぶ前のことになりますが、私は企業で文化事業の企画の仕事をしていました。キューレーターとディレクターを兼ねた仕事を長く続ける中、自分の仕事の行き先を見失って、もう会社をやめようと上司に相談したことがありました。

 そのとき、その上司にかけられた言葉が、その後の私の仕事に対する姿勢を大きく変える転機となりました。彼は「辞めたい」と言った私に、こう声をかけたのです。

「おまえは、もしかして会社のために企画を考えていないか?」

え? だって会社の企画を考えるのが私の仕事ですから。

「だからいけないんだよ。会社の利益とか、会社のためとか、そういうことを一切考えずに企画してみろ。お前が一番好きで、一番楽しい、やってみたいと思うことをそのまま素直に企画する。辞めるのは、それをやってみてからでいいんじゃないか?」。


 私の好きなこと? 会社の仕事で、そんなことをしていいの? バリバリのサラリーウーマンだった私は、当時目からうろこでそんな話を聞き、それから素直に会社の事業とはまったく関係がない、「私が大好き、私が楽しい」と思う世界を、企画にして実現していきました。

 結果。それまでの何よりも、この企画は受け入れられて、多くの入場者や参加者を集めたんです。好きだという気持ちが生み出す力。楽しいと思う心が集める人たち。このときに作った実績が、私自身の心の大きな糧にもなって、今の私を形作っている気がします。


 好きって力は、とってもとっても大きくて、そういう心を共有できる人たちと作り上げる場所には、絶対にいいものが生まれると思っています。そういう「好き」という気持ちを、私自身もちゃんと、ずっと持ち続けていたいものだとも思います。
 映画を見るとき、この映画はどんなスタッフたちで作ったのかな? とよく思います。いい気が流れるスタッフで作った映画は、やっぱり画面にそんな足跡が残っているような気になります。


 映画って作るのもとっても大変そうだけど、そういう意味で、たくさんのスタッフたちとの共同作業がうまくいったときのうれしさ、達成感みたいなものは、格別なんだろうなあなんて思って、いつも一人で原稿を書いている私は、ちょっとうらやましい世界でもあります。(ま、大変なこともいっぱいありそうで、その意味では私って一人で気楽でいいでしょうー? とも思うんですけどね>笑)。


 ちょっとシニカルな世界が好きな方は、ぜひ見てみてほしい映画2本。特に「アートスクール・コンフィデンシャル」で多数登場する「アートの傑作」となっている作品の出来にご注目。しみじみ、むしょうにおかしいです。大好き! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

ネット通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。