スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年 武蔵野婦人版シネマアワード

ご無沙汰しました。いやあ、長いブランクでした。
年は変わって2009年になってしまいました。さすがに2008年の振り返りってものをやっておかないと。。。。と、久しぶりの映画ブログです。

昨年はちょい映画力が衰えました。
理由はこれです。
X-ファイル ファースト・シーズン DVD-BOXX-ファイル ファースト・シーズン DVD-BOX
(2007/07/27)
クリス・カーター

商品詳細を見る


夏にLAに行ったとき、街中に大きく張り出されていたXファイル・ザ・ムービーの予告。ああ、そうだよ、Xファイル! あれ、面白かったんだよなあ。夢中になった。モルダーとスカリーのコンビがいいんだよお。わあ、絶対にまた見たいよお。
ということで、ほぼ4ヶ月ぐらいは延々とXファイルをシーズン1から見直すという作業に埋没してしまい。よって、LAから戻ってきた8月以降、このブログは更新されないままになっちまった、というわけです。すべてはXファイルのせいじゃよ。いやあ、それにしても素晴らしいテレビドラマだと思いますよ。えらい! むふぁふぁふぁふぁ。

2008年はほかにも「ゴッドファザー」「ツイン・ピークス」を見直した年でもありました。こちらも名作。夜、寝る前のDVDタイムが待ち遠しくて仕方ない。そんな日々が延々と続いてほんとにしあわせだったなあ。うっとり。

なので、DVDを見た量はちょい少なめ。劇場に足を運んだ機会もちょい少なめかも。
でも、どうしても見たい映画は結構網羅したと思います。そんな私の2008年のベスト5です!

ベスト1
ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]
(2009/02/11)
リー・ペイスカティンカ・アンタルー

商品詳細を見る


ロードショーで観ました。私にとっての2008年のベスト1は迷わずこれ。
監督のターセムは、私財を投じてこの映画を作ったそうです。CM映像作家としても有名なターセムは、自身の仕事で世界を回る中で最高に美しいと思う景色をすべてこの映画に詰め込んだと言っています。オフィシャルサイトを見ると、目を見張るほどの美しい景色がたくさん。一見、CGかとも見えるこれらの映像は、すべて実写です。
脚本もいい。残酷で無垢。大人のためのおとぎ話に仕上がっています。2月にDVDが出るみたいですが、また劇場の大画面で観たい映画。

近年、映画は資本とプロモーションの力がそのまま価値となってしまうような公開が多く、小粒の映画は安く買い叩かれてあまり表に出てこない。そんな格差社会そのままのような寂しさを感じることも多かったのですが、ターセムのこの映画を観て、「ああ、こういう映画を撮る人がいる限り、映画はまだまだ素晴らしい」と思えることができた一作でした。映画の良心がつまったような映画。迷いなく、2008年のベストワン。

ベスト2

ダークナイト 特別版 [DVD]ダークナイト 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
クリスチャン・ベールマイケル・ケイン

商品詳細を見る


私が得意とする分野はヨーロッパ映画で、最近のアメリカ映画はあまり好んで観ることが少ないのですが、これは別物。
なんたって、私の永遠のアイドル、バットマン。そして、ジョーカーを演じているのはこの映画の撮影後に原因不明の死を遂げたヒース・レジャーです。娯楽大作ヒーローものと侮るなかれ。限りなく能天気に近い勧善懲悪を繰り広げるアメリカン・ヒーローの中にあって、闇と悪に切り込んだヒーロー像を描き続けているのはバッドマンだけです。そしてさらに、ヒーローである理由の根底には、彼の個人的な闇のトラウマがからんでいます。
今回の「ダーク・ナイト」は、それまで善の世界にいたバッドマンが、人々から憎まれる存在のダークヒーローに姿を変えていった背景を描いた作品。前回の「バッドマン・ビギンズ」同様、監督はクリストファー・ノーラン。
何よりもの必見は、ヒース・レジャーの快演です。これやって死んじゃったと聞けば、さもありなんと思ってしまうほどの演技。絶対に吹き替えで観ないこと。3時間と長いので、DVDだと疲れるかもですね。ほんとは劇場で見て欲しい映画です。
でもDVDで観るならぜひ購入して、特典映像を。CGも使っていますが、あのすんげえ場面が実はかなりの部分スタントマンの体を張った実写で作られていることを知り、さらにびっくりするおまけつきです。この撮影では特殊効果のスタッフもひとり、変死しています。
ヒース・レジャーの前にジョーカー役をやったジャック・ニコルソンも、撮影時には精神バランスを崩したと言われています。完全娯楽大作だけど、「悪」っていうものの意外と深いところに切り込んでいる作品だと思います。
個人的好みで、これは2位。

3位

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)
(2008/02/22)
ジェラール・ドパルデューカトリーヌ・アレグレ

商品詳細を見る


2008年初頭に見た映画ですが、3位はこれかな。レビューはこちらに書きました。
http://musashinofujin.blog92.fc2.com/blog-entry-22.html
なので、改めては省略。最高に贅沢な再現フィルム。さらには、主演のマリオン・コティアールの演技がため息もので素晴らしい。こちらも個人的好みで3位。

4位
地上5センチの恋心 [DVD]地上5センチの恋心 [DVD]
(2008/09/26)
カトリーヌ・フロアルベール・デュポンテル

商品詳細を見る


4位はお得意のフランス映画から1本。昨年の映画の中でも、見終わったあとの幸福感がぴか一の映画はこれでした。この映画ブログのテーマでもあるR40、アラフォーのための映画としては、アメリカ版のベスト1がSex&the Cityだとしたら、ヨーロッパ版は迷わずこちら。40代女性のしあわせの形。私は圧倒的にこちらの「地上5センチの恋心」のほうが素敵じゃないか、と思います。
ま、他愛のないシンデレラストーリーなんですけど。
でも、主人公のカトリーヌ・フロがとってもチャーミング。彼女はアラフォーってより、アラフィフですけどね。私だったら、SATCのキャリーより、こちらの主人公のオデットのほうになりたいです。難しいことを考えずに、でもちゃんと大人の裁量でしあわせな気分になれる映画。40代の女性にはとってもお勧めかも。

5位

Shine a Light (Ws Dub Sub Ac3 Dol Sen) [DVD] [Import]Shine a Light (Ws Dub Sub Ac3 Dol Sen) [DVD] [Import]
(2008/07/29)
Martin ScorseseBill Clinton

商品詳細を見る


こちらはまだ日本版のDVDは出ていません。
マーティン・スコセッシが撮ったストーンズのドキュメンタリー。といっても、ただ一夜のライブハウスでのコンサートが延々と続くだけ。ほとんど音楽だけの1本です。
ストーンズ好きにはたまらない映画だと思うのですが、私はさほどストーンズが大好きってわけでもありません。それでも、映画館での2時間がこれほど楽しいと思う映画は珍しい。終わったあと、体中の血の巡りがよくなって、ほかほかあったかくなる感じ。
どうしてもストーンズという存在に気持をフォーカスしてしまいがちですが、1本のライブというイベントを、ここまでの作品に仕上げた背景にあるのは、スコセッシの手腕であることが見えてきます。突発的に動く4人のメンバーを追う何台ものカメラ。アドリブで動いているのに、計算されつくされたようなカット割。映画の新しい一面を垣間見た作品でした。こりゃあ、もう一度観ないとなあ。できればライブハウスでお酒飲んで踊れる状態にして上映して欲しいです。

同列5位
ペネロピ [DVD]ペネロピ [DVD]
(2008/09/17)
クリスティーナ・リッチジェームズ・マカヴォイ

商品詳細を見る


乙女系ではこちら。クリスティーナリッチが特殊メイクで豚の鼻をつけた少女を演じています。制作に、あのリース・ウィザースプーンが名を連ねています。安心して観られる大人のファンタジー。メッセージはとってもシンプル。「自分を愛することができて、初めて人は愛されることを知る」。ありのままの自分を認めて愛することの大切さという、どちらかといういい古さたようなメッセージが、でもすんなり心の中に落ち着く映画でした。
映像がとってもいいです。私ごのみで、こちらも個人的好みで5位にねじこみました。

あとは番外編でやっぱりこちら。

SEX AND THE CITY [THE MOVIE] STANDARD EDITION [DVD]SEX AND THE CITY [THE MOVIE] STANDARD EDITION [DVD]
(2009/01/23)
サラ・ジェシカ・パーカーシンシア・ニクソン

商品詳細を見る


こりゃもう、ケーブルテレビ時代から私の歴史だからね。いい悪いとは別に、映画になってくれてありがとうって意味でリストアップしておきます。ま、同窓会とかイベントのようなものですね。笑。


残りは、2008年公開という枠をはずして、昨年見たDVDの中で。2007年のものがほとんどですが、見てよかったと思う作品。ただし、武蔵野婦人的でかなりくせのある映画も混じっています(特に後半)。まったり全編通してなーんにも起こらないというのもありなので、ご了承を。

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]
(2007/08/03)
ウルリッヒ・ミューエセバスチャン・コッホ

商品詳細を見る


あなたになら言える秘密のこと [DVD]あなたになら言える秘密のこと [DVD]
(2008/11/27)
サラ・ポーリーティム・ロビンス

商品詳細を見る


モンテーニュ通りのカフェ [DVD]モンテーニュ通りのカフェ [DVD]
(2008/11/28)
セシール・ド・フランスヴァレリー・ルメルシェ

商品詳細を見る


愛されるために、ここにいる [DVD]愛されるために、ここにいる [DVD]
(2007/07/25)
パトリック・シェネ.アンヌ・コンシニ.ジョルジュ・ウィルソン

商品詳細を見る


娼婦と鯨 [DVD]娼婦と鯨 [DVD]
(2007/08/11)
レオナルド・スバラグリアアイタナ・サンチェス・ギニョン

商品詳細を見る



今年も楽しく映画を観たいです。

もうちょっと更新するように頑張りますね!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

FC2Ad

ネット通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。