スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国原知事にオススメ

ステップフォード・ワイフ(ニコール・キッドマン主演 2004年)ステップフォード・ワイフ(キャサリン・ロス主演 1975年)

 週末にテレビをつけると、どのチャンネルを回してもどこかしらに東国原宮崎県知事のご尊顔を拝するようになりました。いやああ、タレントの全盛期より出とるねえ。ま、実際に電波に乗るとしゃべりもおもろいし、存在感が(何故か)ある。県政やらんと、と思いながらも出てくりゃ私も面白がっているんだから仕方ない。

 とはいえ、テレビというのは因果なもので、ついぽろりと口から出た言葉が独り歩きして、あれこれ物議をかもすことがある。政治家みたいに言質が取られる人たちがあまり電波でしゃべりすぎるのは危険じゃよのお。ほれほれ、私みたいなひねくれもんにもう言質取られちゃいましたから>笑。ということで、今回は東国原知事におススメの映画のお話。

 女性を自宅にこっそり泊まらせたと写真週刊誌にスクープされてしまったあと、この方は頻繁にカメラを自宅に入れるようになった。「ほら、こんな風に男3人が雑魚寝してる男所帯なのよ。冷蔵庫の中は氷とビールだけよ。食事もファストフードや弁当だし、栄養のバランスはもうがたがた。洗濯だって自分でやってるのよ」、と。

 女性が同じアピールをしたらどうだろうか。家はぐちゃぐちゃ、冷蔵庫はからっぽ、食事はほとんど外食よ。でもそれだけ忙しいんだし、それだけ魂こめて仕事してるのよ、、、、といくら付け加えてもこれはイメージダウン。
 同じことを男性がすると、どうやら「これではあまりにかわいそう。奥さんを探さないと」と考える人が多発するらしく、知事にはお見合いの話が次々に舞い込んでいるのだそうだ。町を歩くとおばあちゃんが「ごはん作るよ、私でどうだ? まだまだ使えるよー」などと声をかけてくる。
 ま、ほほえましい逸話だ、とも思えるけど、いけないのはこうした番組の中で言わなくていいことまで言わされてしまうこと。

 「知事の好みの女性はどんなタイプですか?」
 「なんかねえ、ほんとに家事が好きでやってる人がいいね。料理とかでも一生懸命がんばられちゃうと、こちらも気を使っちゃうでしょう。家事が好きだから、やる。さりげなく身の回りのことをしてくれる人がいいなあ」
 ………。


 あらま。お口チャックしておけばいいのに。だめよ、奥さんと家事をセットにしちゃ。しかも「好みの女性」という質問に、彼の家の中を見せている番組で「ほんとに好きで家事をしている人」を答えちゃあきまへんわ。“家事に困っているから、家事をする人が好み。しかも恩に着せずに、ほんとに好きだからという理由で家の中をきれいにして料理を作り、夫のセックスの相手もする。本人が好きでしているんだからおおげさな感謝の必要もなく、手間もお金もかからない”。そう受け取られちゃっても仕方ない発言になっちゃうわけで、「そんなつもりは毛頭ない」発言だったのかもしれないけど、こりゃもう女性の長い歴史の中では仕方ない反応なのよ。

 ちょっと前に柳沢大臣が「産む機械発言」で大バッシングを受けたけれど、これはやはり彼が厚生労働大臣だったからまずいわけで、町の頑固親父がポロリと発言するぐらいでは「またまた困ったやっちゃ」と思われるぐらいで済んだかもしれない。なぜ大臣がこういうことを言っちゃまずいかというと、長い女性史の中で「出産は義務ではなく権利である」という認識を得るまでの多くの歴史的プロセスがあったから。こりゃもう社会の常識です。厚生労働大臣がこうしたお勉強もしていないのですか? 一番言っちゃいけない言葉ですよ、「産む機械」ってのは。。。。。。。。。つまり、一人の男性の価値観としてどうかという意味ではなく、政治をする人の発言としてあまりに歴史的認識がなさすぎるというのが「絶対に言っちゃだめだってば」という理由なのですわ。


 東国原知事の発言も同じ。「家事に困ってるから、理想の女性は家事が大好きだからさりげなくちゃんとやってくれる人」。あかんよ、一番言っちゃいけない方向性よ。政治家としてはね。で、しっかりとスタジオにいる東ちづるに「栄養バランスが悪いなら栄養士を雇え、家が散らかっているなら家政婦さんを入れればいい。生活が荒れるのは自己責任です。それと奥さん選びを一緒にするのは間違っている」ときっぱり言われていましたが。(えらいぞ、東ちづる>笑)。
 でもね、ほんとにそうなんです。自分の暮らしが荒れるのは、自分の責任。奥さんがいないからじゃありません。スタジオではテリー伊藤からもこんな意見が出ていました。「この家のインテリアセンスひどすぎ。冷蔵庫の中もひどすぎ。宮崎を美しい場所にしたいと活動しているんだから、まずは自分の家を見せて誇れるだけのインテリアにしないと」。まさに、御意。
 やもめ暮らしのわびしさを自慢しても、同情はされません。自己責任でなんとかしてから、人生を一緒に歩んでいけるパートナーを探しましょうぜ。ね。(前の奥さんは、この人のために慣れない土地で周囲に頭を下げ、知事の妻としてこの人のパンツを洗い食事を作る暮らしにNOを言ったわけで、そういう意味では懲りてないんだわねえ)。


 とはいえ、町の人々から「お嫁さんが必要だ」という言葉が普通のように飛び出し、それに「家事がほんとに好きな人がいいね」と答える知事のやりとりを見ながら、私が一番驚嘆したのは、「そうか、もうまったく変わっていたと思っていた現実は、実は何も変わっていなかったんだな」ということでした。私はね、「家の中をきれいに整えておいしい食事を作り、掃除もお料理も大好きで、きれいでグラマーでにこにこしていて、夫にたてつかない従順な女が男は好き」なんて発想はもう過去のものじゃろ? と思っていたわけなんですわ。少なくともこの映画を見たあとはね。

ステップフォード・ワイフ ステップフォード・ワイフ
ニコール・キッドマン (2005/06/10)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


 これは、1975年に作られたこちらの映画のリメイク版です。

ステップフォード・ワイフ ステップフォード・ワイフ
ティナ・ルイス、エドガー・J.シェリック 他 (2005/12/22)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る



 アメリカでは、いまだに「彼女はステップフォードワイフだわ」と比ゆに使われるぐらい、この映画に出てくる女性たちはステレオタイプな妻。もとは、アイラ・レヴィン原作の「ステップフォードの妻たち」を映画化したサスペンスミステリーですが、映画ではこのステレオタイプな妻たちが実際に映像として多数出現する様が、なんともいえず圧巻です。
 舞台はコネティカット州ステップフォード。都会から移り住んできた主人公夫婦の目に映るのは、美しく手入れされた庭と、お菓子の家のような理想のマイホームが連なる姿。引越し当日から、主人公はこの土地にいる妻たちがどこか異様なことに気がつきます。いや、「異様だ」と思うのは主人公だけか。夫のほうは「なんてすばらしい土地なんだ」とご満悦です。


 ここでは、どの家でも白いエプロンをした妻が家の隅々まで磨き上げ、ケーキやクッキーを焼き、みな従順で夫に逆らわず、しかもとびきり美しくてスタイル抜群。リメイク版では、主人公役のニコール・キッドマンは、昼下がりに訪れた隣家の2階から夫婦のセックスの声が響き渡るのを耳にしたりします。「あなたは最高、あなたのすごい」。妻の果てる声のあと、夫が「何か飲み物をもってこい」と命令する声が聞こえます。2階からベビードールのネグリジェを着てキッチンに向かうプレイメイトばりのスタイルの妻。そう、ステップフォードワイフはベッドの上でもこのうえなく役に立つ妻なのです。

 町には男性専用のクラブハウスがあり、住民男性は全員ここのクラブに所属することになっています。主人公夫妻の夫も、やがてここのクラブに出入りするようになる。「どうだい、ステップフォードでの生活は? すばらしいだろう。男にとってはこのうえない理想の場所じゃないかい?」。
 確かに、と主人公の夫は思います。でも、と彼は答えます。「それはみなさんの奥さんがすばらしいからだ。まさに理想の妻だ」。それに比べて彼の妻はどうでしょう。ほかの家に比べたら散らかりまくってぐちゃぐちゃです。ケーキもクッキーも焼かないし料理好きでもない。その上、都会でしていた仕事に未練があり、越してきたこの土地でも何かを始めたいと思って、さらに家事をおざなりにした上、夫に意見したり反抗したりする。これまで愛する美しい妻と信じていた存在が、ステップフォードワイフに囲まれたとたん色あせて、夫は妻に不満を持ち始めるのです。


 リメイク版では、ニューヨークで辣腕テレビプロデューサーだったという設定のニコール・キッドマンが。原作では同じくニューヨークでカメラマンを目指して作品を発表し続けている設定のキャサリン・ロスが主人公。自身の仕事と自我を持つ女性が、このステップフォードに引っ越してきて、さて。結末はどうなるのでしょうか? 設定は別として、新作と旧作ではこの結末に大きな違いが隠されています。これは話してしまっては面白くないので、ぜひDVD借りてみてくださいね!


 この「ステップフォードワイフ」。最初にリメイク版を見たときに、武蔵野婦人としては「なんじゃこりゃああああ。あほか。いまどきこんな映画を作って何の意味がある?」と、かなり落胆しました。 おっぱい大きくて、何でもはいはいということを聞いて家事が大好きな、おつむノータリンの女性が男性は好きなのです、なんてことを、今の世の中で映像にして見せても、「あほくさ」と思うだけよ。そういう発想が社会常識として流通している時代だったら、ある種のホラーとしてきちんと成立する。そこで「ピリッと利いた社会風刺」と、「ステレオタイプな女性像を求めることへの警告」という精神作用が働かない限り、なーんの意味もないストーリーじゃん。
 もしくは、もう完全にこんな発想が寓話化してしまった時点で、過去にはこんなこともあったのねえ、というおとぎ話として作らない限り、この原作本来の意味が持つ「ホラー性」は意味をなさないでしょう。

 新作ではバービー人形ばりの二コールキッドマンが人形のようで見ごたえがありますし、SFXを駆使したステップフォードワイフたちの異様な(しかし男から見るとパラダイスな)風情はお見事な映像です。このあたりが映像として「使える!」と思ったスタッフ陣が軽い気持ちでリメイクしてみた、、、、というシナリオだとしたら、まさにまさに、あほや。今の時代、このストーリーはもう何の意味も持ちませんぜ!

 まじに、そう思っていたんだす。だから、原作のキャサリン・ロス版を検証のつもりで見ました。そして、確信しました。アメリカでは1960年代後半からウーマンリブ運動が台頭をはじめています。こうした動きが日本にも取り込まれ、日本で第一回のウーマンリブ大会が開催されたのが1970年。そしてその後、1979年に国連総会において女子差別撤廃条約が採択されて、その後の男女平等社会の推進に大きく貢献したわけです。この映画が作られた1975年は、まさにウーマンリブの台頭時代なわけで、こうした中で実は大いに保守的であるアメリカにおける主婦の立ち居地に対して、強烈なゆれ戻しがあったように私は思います。
 旧作での主人公キャサリン・ロスのファッションは典型的な都会スタイルですが、ステップフォードで唯一できた友人は明らかなヒッピースタイルです。ヒッピーやフラワーチルドレンなどの出没とかぶるこの時期は、女性の地位だけでなく、保守と新しい若者文化が対立した時代でもある。こうした現実に対する強烈にシニカルな切り口として成立する映画なわけで、これを今の時代に持ち込んだら単なる「コメディ」にしかなりません。色物的おもしろさで手をつけちゃいけない世界というのはあって、今の時代に持ち込むことで意味を失う映画というのはあると思います。リメイク版はその意味で、不快な映画だった、というのが私の認識だったわけですわ。

 それが、東国原知事の一連のやりとりを見て、「そうか、ちっとも何も変わっていなかったのか。意味をなさない不快な映画だと思っていた今の時代のリメイク版「ステップフォードワイフ」を見て、こんな荒唐無稽な話の中に今の時代「怖い怖いホラーだねえ」なんて思いながら「でも、実は男にとっては垂涎ものの理想の世界じゃねえ」なんて思う輩が、まだまだいっぱいいるってことか!」…ってことを突きつけられたようで、あたしゃしばし途方にくれたわけです。
 もし時間があったら、ぜひ旧作と新作を見比べてみてほしいです。旧作は正真正銘のホラーです。でも新作は果たしてホラーなんでしょうか。それとも荒唐無稽なコメディなんでしょうか。もし、新作をいまだにホラーとして成立させるメンタリティが色濃く現代にあるのだとしたら、その現実こそが私にとってはおおいなるホラーであります。なんかさ、がっくしだよ。
東国原知事はぜひごらんになってね。「心から家事が好きな女性」(しかも若くて美しくてグラマー)がいっぱいいっぱい出てきますよーーー!

スポンサーサイト

コメント

初めまして

 「吟遊旅人」のピピと申します、初めまして。mixiのDISCASコミュ経由でやってきました。ものすごく面白いのでお気に入りに入れてしまいました! まずはご挨拶まで。

わー! よろしくですぅ

ピピさん(吟遊詩人さん)ではありませんかー! コメントありがとうございます。うれしいなあ、もうー! あまり頻繁に更新はできていないのですが、楽しみながらだらだらと長ーい文章を書いています。読んでくださってありがとう! これからもよろしくお願いしますねー!(旅行に出ていたので、お返事遅くなってすみませんでしたーー)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

ネット通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。